新潟県長岡市でオーダー家具・オリジナル家具を製作している【オオタキクラフト】。収納にこだわった特注家具などお任せください。

アンケートに答えてプレゼント応募!!
お問合わせ・お見積り

健康への配慮

VOCとは、建材や接着剤から発生する揮発性有機化合物の総称です。

ホルムアルデヒド・トルエン・キシレン・スチレン・ベンゼンといった有害物質は、シックハウス症候群を引き起こすと言われています。
家の購入や新築、リフォームなどをきっかけに、部屋にいると頭痛がする、めまいがする、セキが出る、目がチカチカするといった症状に悩む人を増やす環境が、シックハウスにあたります。

見た目だけは立派なオーダー家具でも、その家具が陰でお客様の健康を害していたとしたら、どうでしょう。

実際過去には、そんな有害物質(VOC)を発散していた家具や建具がありました。

背景は1.住宅の気密化、2.化学物質を多用する製法、工法の普及、3.化学物質を含む生活用品の増加と言われます。
その発生要因はいろいろあります。例えば、塗料、カーテン、合板や壁紙用接着剤、衣料、害虫駆除剤、家具などです。

しかし、2003年の建築基準法の改正で「シックハウス対策」が義務づけられました。各業界をあげてその対策をし、これらVOCを含まない商品開発をしてきました。

【オオタキクラフト】では徹底したVOC対策をおこなっています。
家具製作に使用する仕上材・芯材・接着剤全て、ホルムアルデヒド発散量による等級区分の最上位F☆☆☆☆ランクのものを使用しています。
また、製造メーカーから出荷証明書・品質証明書を取って管理しています。

F☆☆☆☆(フォースター)はJIS・JAS規格で、ホルムアルデヒドの放散量によってランク付けされた建材の中で、最も放散量の少ない最上ランクの材料です。

安心して使える家具をお探しの方は、有害物質対策にも万全の【オオタキクラフト】までご相談ください。

お問合わせ・お見積り

上へ戻る