3月1日笑顔で暮らすための片づけ術@新潟県三条市

2017年1月14日 土曜日

3月1日(水)

お申込はお電話で三条教室へ 0256-33-0236

午前10:00~11:30

【場 所】     新潟日報カルチャースクール 三条教室

新潟県三条市須頃2-89 新潟日報社三条局内

【受講料】 1944円(税込み)

講座内容】 シニア世代の片づけは、モノを減らすだけでなく、体の変化に合わせて、家の中の仕組みを変えていくことが

大切です。笑顔で暮らせる空間を整えるための片づけ術です。

【受講者の感想】 捨てなくてもいいと分かって、気持ちが楽になりました。

片づけは苦手でしたが、楽しむための片づけなら、やれそうな気がしました。

1470636618788

お申込はお電話で三条教室へ 0256-33-0236

片づけのスタートは早い方がいい。身の回りから始めてください。

2016年12月9日 金曜日

オーダーメードの片づけで あなたの暮らしを変える 新潟県長岡市のライフオーガナイザー大滝愛弓です。

今年は、小千谷・魚沼・見附・三条・長岡・・各地のコミュニティーセンターや公民館で

シニアの方々に「笑顔で暮らすための片づけ講座」を開催させていただき、

300人近い方にお話を聞いていただきました。

今年ラストの講座は大島公民館。

記念写真をお願いしたら、心よくOKしてくださいました。

120901

普段使わない部屋に置かれたモノを片づけたいと思う方も多いですが、

「その前に、毎日暮らしている空間をチェックしてみてください」とお話ししています。

私もそうですが、若いときに比べると一日があっという間に過ぎていきます。

そんな暮らしの中で、探し物ばかりしていたら、時間がもったいない!

探しているものが見つからず、見つかるまで心配で、落ち着かない気持ちでいる

・・・思い当たる方も多いのではないでしょうか。

シニアの方の片づけをお手伝いして思うことは、片づけのスタートは早い方がいいということです。

半年前に引っ越しが決まっていても、いざ引っ越しの時になると、

まだ持って行こうか、置いていこうか決めかねるモノがたくさんある・・そんな方もいらっしゃいました。

毎日の暮らしの中で、無理せず、楽しく、少しずつ・・・片づけをして、

その時の自分に合わせて暮らしを変えていく・・・。

そして、自分が好きなことに時間をたくさん使えるように、家の中を整えていきましょう。

koza1_20150410142410橋本麻紀さんの「60歳からの笑顔で暮らせる片づけ術」は、

ラク・安心・心地いいい暮らしのヒントがいっぱいです。

来年も「捨てることから始めない片づけ」をお伝えしたいと思います。

今週末は、今年最後の新潟日報カルチャースクールの講座です。

”大掃除前の片づけ講座 洋服からスタート~実践収納編~”

基礎編は終わってしまいましたが、前回の復習もしますので、

もしよろしければ、ご参加ください。

これからの講座はこちら

ラベリングが必須になってきました(シニアの片づけ)

2016年11月1日 火曜日

暮らし楽しむ片づけを届ける新潟県長岡市のライフオーガナイザー大滝愛弓です。

子供部屋が空いて、ついついモノをそこに置いてしまって、散らかってきた」というお話をよく聞きます。

家も二人の子供が一人暮らしを始めて、子供部屋が空いています。

机まわりのモノはそのままにして、次男のクローゼッをを私が使うためにオーガナイズ中です。

中2階にある子供室は、着替えにはとても便利です。

玄関にも近く、寝室にも近く、帰ってきてサッと着替えるにはもってこいです。

子供のモノを移動する前の仮置き状態。

110101

今回ラベリングを徹底することになりました。

110103110102

場所を移動して、収納ケースも変えたため覚えられない。。。

見えないと覚えていられません。

アイテムで分けたのに、分け方を忘れます。

ラベリングしない収納が好みですが、この年齢になると

習慣になるまでは、ラベリング必須です。

仮置きの時は、マスキングテープでも構いません。

そして、ご覧のとおり、仮置きの時は、ざっくり収納でスペースを決めていきます

ほとんど帰省しない子供の服は、移動して、もう少し私のスペースを増やす予定です。

これからの講座はこちら

上へ戻る