3月1日笑顔で暮らすための片づけ術@新潟県三条市

2017年1月14日 土曜日

3月1日(水)

お申込はお電話で三条教室へ 0256-33-0236

午前10:00~11:30

【場 所】     新潟日報カルチャースクール 三条教室

新潟県三条市須頃2-89 新潟日報社三条局内

【受講料】 1944円(税込み)

講座内容】 シニア世代の片づけは、モノを減らすだけでなく、体の変化に合わせて、家の中の仕組みを変えていくことが

大切です。笑顔で暮らせる空間を整えるための片づけ術です。

【受講者の感想】 捨てなくてもいいと分かって、気持ちが楽になりました。

片づけは苦手でしたが、楽しむための片づけなら、やれそうな気がしました。

1470636618788

お申込はお電話で三条教室へ 0256-33-0236

片づけのスタートは早い方がいい。身の回りから始めてください。

2016年12月9日 金曜日

オーダーメードの片づけで あなたの暮らしを変える 新潟県長岡市のライフオーガナイザー大滝愛弓です。

今年は、小千谷・魚沼・見附・三条・長岡・・各地のコミュニティーセンターや公民館で

シニアの方々に「笑顔で暮らすための片づけ講座」を開催させていただき、

300人近い方にお話を聞いていただきました。

今年ラストの講座は大島公民館。

記念写真をお願いしたら、心よくOKしてくださいました。

120901

普段使わない部屋に置かれたモノを片づけたいと思う方も多いですが、

「その前に、毎日暮らしている空間をチェックしてみてください」とお話ししています。

私もそうですが、若いときに比べると一日があっという間に過ぎていきます。

そんな暮らしの中で、探し物ばかりしていたら、時間がもったいない!

探しているものが見つからず、見つかるまで心配で、落ち着かない気持ちでいる

・・・思い当たる方も多いのではないでしょうか。

シニアの方の片づけをお手伝いして思うことは、片づけのスタートは早い方がいいということです。

半年前に引っ越しが決まっていても、いざ引っ越しの時になると、

まだ持って行こうか、置いていこうか決めかねるモノがたくさんある・・そんな方もいらっしゃいました。

毎日の暮らしの中で、無理せず、楽しく、少しずつ・・・片づけをして、

その時の自分に合わせて暮らしを変えていく・・・。

そして、自分が好きなことに時間をたくさん使えるように、家の中を整えていきましょう。

koza1_20150410142410橋本麻紀さんの「60歳からの笑顔で暮らせる片づけ術」は、

ラク・安心・心地いいい暮らしのヒントがいっぱいです。

来年も「捨てることから始めない片づけ」をお伝えしたいと思います。

今週末は、今年最後の新潟日報カルチャースクールの講座です。

”大掃除前の片づけ講座 洋服からスタート~実践収納編~”

基礎編は終わってしまいましたが、前回の復習もしますので、

もしよろしければ、ご参加ください。

これからの講座はこちら

ご主人のモノ・・探しやすく、使いやすくなるよ・・をキーワードに攻略

2016年11月2日 水曜日

暮らし楽しむ片づけを届ける新潟県長岡市のライフオーガナイザー大滝愛弓です。

お手軽片づけパックをご利用いただいた方から、うれしい報告をいただきました。

潔くモノを手放せる奥様と、片づけの必要性を感じていない主人。

もっと使いやすく、もっと快適に、もっと美しく・・・

ご自分の理想に向かって、少しずつ仕組みを作り変えている奥様から~~~

****************************

主人は、ちょっと探せば、奥にあっても、パッと見て見つからないとすぐに買いに行ってしまいます。

全部並べて、子供に言うように 「こんなにあるのよ」とコンコンと言い聞かせたら、さすがに反省したようです。

110202

それで、机のまわりを私が片づけることにしました。「あれどこ?」としょっちゅう聞かれるのも、何とかしたいと思いました。

全然使わない工具が、一番取り出しやすい右上の引き出しにあったり・・・・

修理用の部品があったので、使えるか試してみたら、もう今は使っていないものの部品だったり・・・・

①全部出して

②アイテムごとにまとめて

③使用頻度の高いものを、一番上の引き出しに・・・というように、

使用頻度で収納場所を決めました

④高齢の家族も使用する机なので、 「右の上の引き出しにあったものは、全部左の下の引き出しに入っているから」と説明

110201

バラバラに入っていた工具は、工具箱にまとめました

⑤「おーい、あれはどこ?」と聞かれる回数も減りました

*****************************

パチパチパチパチパチパチ!

素晴らしい!

修了証書授与です!

高齢の方にとって、 場所の移動は、慣れるまでストレスです。

「ここになかったら、こっちを見てね」は分かりやすい方法だと思います。

いきなり遠くに移動しなくても、こうして分けることで探し物が減ります。

ご主人の洋服や趣味のモノでお困りの方も多いです。

「探しやすい」「使いやすい」をキーワードに、移動を提案してみませんか?

これからの講座はこちら

上へ戻る