体の変化に合わせて暮らし方を変える

暮らし楽しむ片づけを伝えるライフオーガナイザー太滝愛弓です。

自分が年を取ってくると、若い頃には分からなかったことが実感されることがあります。

その一つが“目”。

メガネの数が増える、暗いと途端に見えづらい、小さい文字がぼやける・・・。

お嫁さんが「お母さんの洗った食器は汚れていて・・」という話を聞くことがあります。

10年前の私だったら、同じことを言っていたかもしれませんが、今は「よく見えていないんだな」と思うことができます。床や水回りの汚れも同じです。

03212izumi

家には、洗面脱衣室に下着やタオルを入れる収納がありますが、手暗になる場所で、同系色の下着がはっきり見えないことがあります。

収納場所に照明をつける、収納ケースの色をはっきりした色に変える等の工夫で、使いやすくなります。

1photo2015032

?世界の雑貨屋さんから画像をお借りしました?

ライト面を押すと明かりがつきます。コンパクトで、場所を選ばず貼れて便利です。

体の変化を自分でも感じるので、

それに合わせて、収納場所や収納方法も変えていく

ようにしています・・・それが、ズボラな私が楽する方法です。

収納計画や片づけ・インテリアのご相談はこちら

←最新記事はサイドメニューからご覧ください。

コメントは受け付けていません。

上へ戻る