住宅改修の理由書作成も仕事の一つです

2016年10月13日 木曜日

暮らし楽しむ片づけをお届けする新潟県長岡市のライフオーガナイザー大滝愛弓です。

高齢者の方の住宅改修も私の仕事の一つです。

1013

ケアマネージャーや理学療法士の方からご連絡をいただき

お宅にうかがって改修内容をご相談

理由書を作成して、自治体の介護保険課に申請

申請が通れば、施工をして、報告書を作成

長岡市の場合、受領委任契約をしているので、ご本人には1割~2割をお支払いいただくという流れです。

介護保険の住宅改修の種類

(1)手すりの取付け

(2)段差の解消

(3)滑りの防止及び移動の円滑化等のための床又は通路面の材料の変更

(4)引き戸等への扉の取替え

(5)洋式便器等への便器の取替え

(6)その他前各号の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修

小工事ですが、家の中で安心・安全に過ごすためには重要な箇所になります。

手摺の高さ、形状・・細かく相談します。

私に依頼頂く方は、”他の手摺の色と合わせて”とか、床材や加工にもこだわりがある方が多いかもしれません。

介護保険外ですが、今はアプローチの屋外アール型手摺をお客様と検討中です。

工事の前に、家の中の荷物の整理をご相談いただくこともあります。

お気軽にお問い合わせください。

これからの講座はこちら

薬の一包化(パック)をご存知ですか?

2016年10月12日 水曜日

暮らし楽しむ片づけを届ける新潟県長岡市のライフオーガナイザー大滝愛弓です。

先週、新潟県小千谷市で「60才からの笑顔で暮らす片づけ講座 第二回目」でした。

薬の一包化は、みなさんご存知だと思っていたのですが、知らない方も多かったのでご紹介します。

薬局でお願いすると、朝・昼・晩ごとに、飲む薬を1パックにまとめてもらえます。

私の母がかかっている病院は、薬局の方が先生に確認していましたが、薬局でお願いするだけでしてもらえる所もあるようです。

費用は少しかかります。

1012

薬をたくさん処方されていたり、管理が難しいと感じる方は、薬の一包化をお願いしてみてください。

「この薬、まとめられないのかしら・・」と薬局で呟いたら、薬局の方が「できますよ」と教えてくれたという方もいました。

困ったことがあったら、つぶやいてみるのもいいですね。

世の中進化していますから、こんなの無理だろうなぁ・・と思っていたことが、あっさりやってもらえるかもしれません。

宅急便の宛先だって、今ではピピッとカードをかざすだけで印字されます。

(最初に入力は必要ですが、係りの方がお手伝いしてくれます・・黒い猫のお店では・・)

うちの母の場合、病院が多いので、全部の薬はまとまりませんが、それでも管理はラクになります。

薬ケースもお勧めです。

これからの講座はこちら

誰でも 片づけられない状態になることはあります

2016年10月5日 水曜日

暮らし楽しむ片づけを伝える新潟県長岡市のライフオーガナイザー大滝愛弓です。

暮らし楽しむ・・といつも通りに書き始めましたが、

ほんの数日前まで、家の中はそんな状況ではありませんでした。

家族が体調を崩す、看病をする、仕事のスケジュールが立て込む、家事ができなくなる、片づけも最低限のことしかできない・・

「とりあえずの場所」に書類がたまっていく・・・。

1005_2

片づけにうかがうと、封筒ごとお金がでてきて、「エッ!!何!!」と驚かれることが時々あります。

実は、私、今回初めてその状況になりました。

いくら考えても何のお金か分かりません。

入院費用?それとも・・・?・・まったく分かりません。

「見つかってラッキー(^^♪」とは思わないものですね。

何か支払いを忘れていないか心配になります。

気持ちも落ち着きません。何か他に忘れていることはないか・・気になります。

片づける時間も、体力もない・・・そんな時は急にやってきます。

それを実感した2か月でした。

片づけやすい仕組みを作っておくことで、短時間でもとに戻せます。

書類の分類や定位置は決まっていますので、落ち着いた今は、指定席に片づきました。

これからの講座はこちら

上へ戻る