Q 幼稚園や小学校のおたよりの保管が苦手です。締め切りを過ぎて、先生から催促の電話をもらうことが度々あります。何か良い方法はないでしょうか。

2016/05/02 月曜日

暮らし楽しむ片づけを伝えるライフオーガナイザー大滝愛弓です。
片づけサポート や 講座の中での、Q&Aを少しづつ紹介していきたいと思います。
Q 幼稚園や小学校のおたよりの保管が苦手です。締め切りを過ぎて、先生から催促の電話をもらうことが度々あります。
何か良い方法はないでしょうか。

A  お便りも含めて、家の中に入ってくる書類は、流れを決めることがポイントです。
申し込みや、お返事などアクションをおこす必要があるものは、”即実行”が一番ですが、すぐには決められないものもありますよね。
その場合は・・・その書類(手紙・お便り)はどこに置きますか?どこに貼りますか?そこから決めていきましょう。

私の場合・・・
●返事が必要だけれど、すぐに決められないもの・・・・
洗面台の脇のコルクボードに貼ります。
複数枚になったら、期限の早いものを前にして重ねて貼ります
今は、コルクボードが小さくなりましたが、以前は子供ごとにコルクボードが複数ありました。
(扉に両面テープで貼るだけなので、不要になれば扉に戻せます。)
洗面台の脇に貼るのは、家族全員に周知してもらい、期限が迫ってきたときに「お母さん、これ出さなくていいのー!?」と突っ込んでもらうためです。
ここは、LDKのドアの前でもあり、一日に何度も通るのでイヤでも目に入ってきます。
IMG_20160502_043944.801
●返事をして、予定のお知らせだけになったもの、もともと予定のお知らせだけのもの・・・
カレンダーと手帳に転記、写メ(エバーノート)を撮って破棄します
※1年間のお便りを、記録として紙ベースで保管したい方は、破棄ではなく、ファイルへ綴じてもいいと思います。
予定を手帳に転記して、お便りそのものを破棄するのは、最初、勇気がいりました。
「転記が違っていたらどうしよう~」「後で確認したくなったらどうしよう~」と思いましたが、
情報があちこちにある方が、忘れやすい・・・1か所にまとめることをおすすめします。
家族全員の予定が書けるカレンダーもありますね。
スマホを自由に使いこなすママ達には、Evernoteをお勧めします。

Evernoteは、写真を保存したノート名だけでなく、写真で撮った文字情報も検索してくれます。
仕事の資料や名刺管理で利用していますが、保存した書類や写真が増えるほど、便利さを実感します。
このシーズン、こんな風に利用できます。
転居届が届きました➡しばらく貼って楽しみます➡住所録を修正してEvernoteで撮影保存➡
IMG_20160429_111357.451
名前「オオタキ」、住所、文章の中の「引っ越し」でも検索できます。
特にタグやノート名はつけなくても、葉書の中の文字で検索することができます。
ただ、すべての文字が対象になるわけではありません(小さい文字は検索されません)
hikosi
引き出しにしまっても、多分見返すことはないと思います。
データで持っていた方が、写真などと一緒に検索されて、目にする機会は多いと思います。
無理なく続けられる「お便りの流れ」を考えてみてくださいね。

こんがらがった子供との関係を変えたのは「そうだよね」と「大切だよ」でした

2015/08/27 木曜日

暮らし楽しむ片づけを伝える新潟県長岡市のライフオーガナイザー大滝愛弓です。

先週末、東京で「片づけ大賞2015」が開催されました。

「片づけ・整理のプロ」という職業の普及と認知度の向上を目指した式典です。

kataduketaisyou1

(残念ながら私は出席できませんでした)

今年から、小学生1年~6年生を対象にした「子供部門」が設置されました。

「片づけ力を小学生のうちに身につけよう!」をコンセプトに、

夏休みに親子で片づけに取り組み、その自由研究の結果を表彰するという日本初の試みです。

(片づけ大賞より)

11825745_1680732285473841_8329270596527739134_n

受賞者と審査委員長 小松易さんのコメントはこちらをご覧ください。(実際に聞きたかった!)

片づけを、親子や家族のコミュニケーションのきっかけにしてもらいたいと思っています。

「でも反抗期で、片づけなさい!って言っても聞いてくれません」・・そんな声が聞こえてきそうですね。

こんがらがった親子の関係・・・・。

私も子供が小学校3年生から中学校3年生まで、私の声が全く届かない時期がありました。

リビングの床は、子供のモノが散乱していました。

学校でも、同じ状態・・・この7年間は、「片づけられないですね」が家庭訪問の第一声でした。

モノに子供の心が表れていました。


いろいろありましたが、変わったきっかけは

そうだよね大切だよの言葉(気持ち)だったと思います。

「そうだよね、部活大変だよね、頑張ってるね」

「いろいろ言ってしまうけど、私はあなたのことをとても大切に思ってるんだよ」

「そうだよね、誤解されてしまう事もあるよね」

最初は、本で読んだ「「子供を認めてあげましょう」に従い、半信半疑で言っていました((照れ性なので、子供にもべたべたできない性格)


でも、言っているうちに、本当に「そうだよねー」と思えてきました。

はじめて子供の味方になった気がしました。

子供が変わったのではなく、自分が変わった時

こんがらがった子供との間に、

細いけれど、つながる糸を見つけました。

返事はなくても、言葉が届いていることを感じました。

え!?原因は私? 青ざめました。

母親って、子供にとってこんなに影響があるんだ・・・今まで思ったことがありませんでした。

何気なく言った一言、子供の声より周りの人を信じたこと・・・子供の何を見てきたんだろうと思いました。

お子さんを観察してみてください。

子供だって、好き・嫌い・やりやすい・やりにくい・いいと思う・イマイチ・・・いろいろな感性があります。

「そうなのか」「そうだよね」そう思ってみると、わが子の意外な一面や成長を感じられると思います。

秋からの講座・イベントのご案内

【講座】 10月 4日(日) ライフオーガナイズ入門講座を開催

【講座】   月20日(日) 65才からの笑顔になる片づけ講座を開催

【お知らせ】9月23日(祝)  長岡市民協働まつりにお片付け無料相談ブース出店


久しぶりに 母ちゃんスイッチ  ON

2015/08/24 月曜日

暮らし楽しむ片づけを伝える新潟県長岡市のライフオーガナイザー大滝愛弓です。

夏休みも今日で終わり、明日から学校というお宅も多いことと思います。

夏休みが終わり、お母さん同士顔を合わせると「やっと終わったねー!」が合言葉でしたが、みなさんはいかがですか?

私は、久しぶりに“母モード”になった夏でした。

帰った後の子供部屋・・ペットボトルとパジャマがNG!(>_<)

急いでいたとはいえ・・せめて1階まで持っていきましょう!!

DSC_1692

中高生の時も、脱いだ服をリビングに広げて置きっぱなしの時期がありました。

子供二人はずっと運動部。洗濯物も一度には洗えません。

・泥んこ・砂だらけ(本当は、玄関で脱いでほしい。。。。)

・悪臭(部室に置きっぱなしだったため。。。。)

・翌日必要・・・(シーズンは試合が続きます。。。。)

DSC_1695-2

リビングに3つのかご(急ぎ・下洗いする・その他)を置いて、分けて入れる約束にしました。続けていくうちに、翌日必要なものは、自分で洗濯機に入れて洗うこともありました。

疲れて眠ってしまって、翌朝慌てて洗濯をして、濡れたまま着ていくこともありましたが、自分で洗濯機を回す回数も増えていきました。

分けることができれば、次の行動につながる

子供との約束は、お互いの歩み寄りで決める

約束事のハードルは、低く設定

→できたら誉める

→続ける。時々ダメでも励ます

→できたら褒める

新学期に、新しい約束事を決めてみませんか?

秋からの講座・イベントのご案内

【講座】 10月 4日(日) ライフオーガナイズ入門講座を開催

【講座】   月20日(日) 65才からの笑顔になる片づけ講座を開催

【お知らせ】9月23日(祝)  長岡市民協働まつりにお片付け無料相談ブース出店


上へ戻る