2011年4月

H様邸キッチンカウンター納品させていただきました NO.3

2011年4月26日 火曜日

【仕上材・塗装】

H様の仕上げ材のご希望は、無垢材にはこだわらないが、ナチュラルな色合いというものでした。

また、「お手持ちのチェストの質感が好きです」という具体的なお話もいただきました。

sample1

木目・塗装色・塗装方法によって雰囲気は大きく変わります。

ご自宅にお伺いして、そのチェストも見せていただきました。

既存の家具に合わせるのも一つですが、壁面いっぱいの家具は面積も広いので、部屋全体のインテリアをトータルに考えた方がいいと思います。サンプルをご送付して何度かやりとりをしましたが、最終的には、塗装担当とH様と直接打ち合わせをしました。突き板ベニヤに自然塗料を数工程重ねて、ご希望の風合いを出す事ができました。sample2

無垢材を使用しなくても、同じような雰囲気を出す事は可能です。無垢材ならではの良さもあります。一方ベニヤには狂いが少ないという長所があります。

はねあげ式扉のハンドルも、H様に探していただきました。ご提案したタイプとは、随分雰囲気も違います。

ハンドル一つ、つまみ一つも自分で選べる・・・オーダー家具の楽しさです。

handolimg56592567

H様邸キッチンカウンター納品させていただきました NO.2

2011年4月25日 月曜日

?

【図面でご提案】

H様からいただいたイメージ図とご希望から、このようなご提案をさせていただきました。

NO.1ポイントはアイゾーンの収納です。引出式の収納は便利ですが、

調理の際、開けたり閉めたりが頻繁にありませんか?

(単に段取りが悪いだけかもしれませんが・・・)

普段使いの食器はここにまとめます。扉は図面のように

はねあげ式でも、引出式でもOKです。

吊戸棚は収納量は確保できますが、取り出しにくいのが難点です。

アイゾーンを区切る事で、上部の収納スペースを有効に活用できます。

浅い引出は仕切りをつけて、スプーン・やフォークなどカトラリー類も整理できるようにしました。カトラリーは深い引き出しはNGだと思っています。

開けてパッと見える!これが基本・・・料理は手際よく・・・(といきたいところです)

H様にもアイゾーンの収納が気に入っていただけました。

次回は仕上げについてのお打合せをご紹介します。どうぞお楽しみに。

bafter

上へ戻る