2015年7月

使う場所の近くに置きましょう。そして間引く感覚で使うものだけを選んでみましょう。

2015年7月19日 日曜日

暮らし楽しむ片づけを伝える新潟県長岡市のライフオーガナイザー大滝愛弓です。

最近、家計簿(といってもお小遣い帳程度です)をつけていなくて、レシートが溜まってきています。

自分がサボっていたのですが・・・ちょっと考えました・・・

少し前に、家計簿の収納場所を玄関近くの引き出しに移しました。

家計簿をつけるときは、バックから財布を出すので、バックを置くチェストの引き出しにあったほうが便利かな?と考えました。

DKから18歩離れています。

DSC_1523-2

今まで収納していたDKの引き出しには、手紙や熨斗袋を入れました。

でも、手紙はここ何か月も書いていません。これは、DKになくてもいいもの・・・玄関のチェストに移動。

空き缶を使って、立てて収納します。

DSC_1515

たった18歩ですが・・・家計簿を取り出すことが少なくなっていたことに気が付きました。

家で一番長い時間を過ごすDKに毎日の必需品を置く。これ基本。

収納場所をDKに戻しました。さあ、これで言い訳できません。週末には家計簿をつけます(毎日は向かないタイプです)

DSC_1518

使用頻度で、身の回りのものを見直すと、「ここになくていいもの」が意外と多いです。

全部出して、分類して、戻す・・という方法をおすすめしますが、

「間引く」感覚で、使うものだけを選ぶだけでも、使いやすくなります。

20本の中から1本のペンを探すより、7本の中から1本を探す方が簡単です。

それ以外は、2軍やスペアとしてまとめておきましょう。

DSC_1517

そろそろ夏休みですね。お子さんと一緒に、ペンケースや机の引き出しも見直してみてください(^^♪

年令で変わる片づけ・・・バックインバック

2015年7月16日 木曜日

暮らし楽しむ片づけを伝える新潟県長岡市のライフオーガナイザー大滝愛弓です。

講座では、より使いやすくなるように、片づけの仕組みを見直していくことをお勧めしていますが、

私も年令とともに、変わってきました。

変わったことの1つは・・・透明な 「バック イン バック」

手放したケース

これは手放しました↑

「バック イン バック」 で、バックの中を整理する方法は、かえって面倒に感じて敬遠してきましたが、最近はこの形でないと、鞄の中身を全部出して探すことになりかねません。

その インナーバックも中が見えないと、何が入っているか分からなくなり、透明なものを引っ張り出して使っています。(モノ持ちがいいので、十年以上使っているポーチです。。。)

気に入ったものがあったら、新しくしようと思っています。

透明ケース

以前は、透明バックは、中が丸見えで落ち着かなかったのですが、必要に迫られ、この形にチェンジ!

「中が一目で分かるなんて、なんて合理的なのでしょう!!」

と今は思っています。自分が使いやすいのが一番です。

ピンクのブリーフケースは最近使い始めました。商品名は”inspiration comes of working”

スナップ一つで開け閉めできるし、大きさもいろいろあって使いやすそうです。

inspiration comes of working

年令とともに変わったところ 2つめは、次回へ・・・。

「60才からの笑顔で暮らせる片づけ術」新潟日報カルチャーセンター長岡で開講中です。

次回は、9月を予定しています。

私・・・やっぱり片づけないことにします♪♪

2015年7月14日 火曜日

新潟県長岡市のライフオーガナイザー大滝愛弓です。

ご無沙汰してしまいました。。。ちょっとだけ講座や打合せや試験が立て込んで・・・と言い訳(^_^;)

いろいろ振り返りながら、片づけのことをお伝えしようと思います。

runrun

6月初めのママ向け講座「ママが笑顔になる片づけ講座」終了後、「大滝さん、やっぱり私片づけないことにします。。ルンルン。。」とお話してくださったKさん。

11260537_926362064095070_1305974806691288285_n

Kさんは、以前マンツーマンで「ライフオーガナイズ」をお伝えした時も「私は片づけないことにします。。ルンルン。。」とおっしゃっていました。

私は、それでいいと思います。Kさんのお宅は、多少散らかっていても、家族が楽しくゆったりと過ごせるお家なのでしょう。

片づけは目的ではありません。自分が快適に暮らすための手段です。

だから、「今は片づけない」も選択肢の一つだと思います。

上へ戻る