2015年8月

こんがらがった子供との関係を変えたのは「そうだよね」と「大切だよ」でした

2015年8月27日 木曜日

暮らし楽しむ片づけを伝える新潟県長岡市のライフオーガナイザー大滝愛弓です。

先週末、東京で「片づけ大賞2015」が開催されました。

「片づけ・整理のプロ」という職業の普及と認知度の向上を目指した式典です。

kataduketaisyou1

(残念ながら私は出席できませんでした)

今年から、小学生1年~6年生を対象にした「子供部門」が設置されました。

「片づけ力を小学生のうちに身につけよう!」をコンセプトに、

夏休みに親子で片づけに取り組み、その自由研究の結果を表彰するという日本初の試みです。

(片づけ大賞より)

11825745_1680732285473841_8329270596527739134_n

受賞者と審査委員長 小松易さんのコメントはこちらをご覧ください。(実際に聞きたかった!)

片づけを、親子や家族のコミュニケーションのきっかけにしてもらいたいと思っています。

「でも反抗期で、片づけなさい!って言っても聞いてくれません」・・そんな声が聞こえてきそうですね。

こんがらがった親子の関係・・・・。

私も子供が小学校3年生から中学校3年生まで、私の声が全く届かない時期がありました。

リビングの床は、子供のモノが散乱していました。

学校でも、同じ状態・・・この7年間は、「片づけられないですね」が家庭訪問の第一声でした。

モノに子供の心が表れていました。


いろいろありましたが、変わったきっかけは

そうだよね大切だよの言葉(気持ち)だったと思います。

「そうだよね、部活大変だよね、頑張ってるね」

「いろいろ言ってしまうけど、私はあなたのことをとても大切に思ってるんだよ」

「そうだよね、誤解されてしまう事もあるよね」

最初は、本で読んだ「「子供を認めてあげましょう」に従い、半信半疑で言っていました((照れ性なので、子供にもべたべたできない性格)


でも、言っているうちに、本当に「そうだよねー」と思えてきました。

はじめて子供の味方になった気がしました。

子供が変わったのではなく、自分が変わった時

こんがらがった子供との間に、

細いけれど、つながる糸を見つけました。

返事はなくても、言葉が届いていることを感じました。

え!?原因は私? 青ざめました。

母親って、子供にとってこんなに影響があるんだ・・・今まで思ったことがありませんでした。

何気なく言った一言、子供の声より周りの人を信じたこと・・・子供の何を見てきたんだろうと思いました。

お子さんを観察してみてください。

子供だって、好き・嫌い・やりやすい・やりにくい・いいと思う・イマイチ・・・いろいろな感性があります。

「そうなのか」「そうだよね」そう思ってみると、わが子の意外な一面や成長を感じられると思います。

秋からの講座・イベントのご案内

【講座】 10月 4日(日) ライフオーガナイズ入門講座を開催

【講座】   月20日(日) 65才からの笑顔になる片づけ講座を開催

【お知らせ】9月23日(祝)  長岡市民協働まつりにお片付け無料相談ブース出店


久しぶりに 母ちゃんスイッチ  ON

2015年8月24日 月曜日

暮らし楽しむ片づけを伝える新潟県長岡市のライフオーガナイザー大滝愛弓です。

夏休みも今日で終わり、明日から学校というお宅も多いことと思います。

夏休みが終わり、お母さん同士顔を合わせると「やっと終わったねー!」が合言葉でしたが、みなさんはいかがですか?

私は、久しぶりに“母モード”になった夏でした。

帰った後の子供部屋・・ペットボトルとパジャマがNG!(>_<)

急いでいたとはいえ・・せめて1階まで持っていきましょう!!

DSC_1692

中高生の時も、脱いだ服をリビングに広げて置きっぱなしの時期がありました。

子供二人はずっと運動部。洗濯物も一度には洗えません。

・泥んこ・砂だらけ(本当は、玄関で脱いでほしい。。。。)

・悪臭(部室に置きっぱなしだったため。。。。)

・翌日必要・・・(シーズンは試合が続きます。。。。)

DSC_1695-2

リビングに3つのかご(急ぎ・下洗いする・その他)を置いて、分けて入れる約束にしました。続けていくうちに、翌日必要なものは、自分で洗濯機に入れて洗うこともありました。

疲れて眠ってしまって、翌朝慌てて洗濯をして、濡れたまま着ていくこともありましたが、自分で洗濯機を回す回数も増えていきました。

分けることができれば、次の行動につながる

子供との約束は、お互いの歩み寄りで決める

約束事のハードルは、低く設定

→できたら誉める

→続ける。時々ダメでも励ます

→できたら褒める

新学期に、新しい約束事を決めてみませんか?

秋からの講座・イベントのご案内

【講座】 10月 4日(日) ライフオーガナイズ入門講座を開催

【講座】   月20日(日) 65才からの笑顔になる片づけ講座を開催

【お知らせ】9月23日(祝)  長岡市民協働まつりにお片付け無料相談ブース出店


緊急時あんしん袋をご存知ですか

2015年8月11日 火曜日

新潟県長岡市のライフオーガナイザー大滝愛弓です。

「緊急時安心カード」をご存知ですか。

緊急時や災害時に支援者や救急隊員がチェックするものに「救急医療情報セット」があります。
長岡市では「緊急時あんしん袋」です。

ansinhukuro

無料で配布されるのは、災害時要援護者の希望者ですが、

安心カードがついたパンフレットは、長岡市福祉保健部福祉総務課や支所でも、

もらうことができます。(シールやフック・ケースは配布されません)

「緊急時安心カード」の内容をクリアファイルに入れて、冷蔵庫の近くにかけておくと安心です。

(下記の写真は長岡市資料からお借りしました)

150811_2_2

ご家族と一緒に住んでいても、いつも家に誰かがいるわけではありません。

また、災害時に避難するときに、これを持参することで、必要な医療情報が迅速に医師や救急隊員に伝わります。

救急隊員の方にうかがったところ、かけつけた時お一人で何も情報がない場合は、

手がかりを探すので、玄関にシールがなくても、冷蔵庫も見に行くそうです。

150811_2_1

私も、お盆の帰省の時には、両親と一緒に作成しようと思います。

また、抵抗するだろうなぁ・・・と思いつつ、そのやりとりも楽しもうと思います。

元気な証拠ですから♪

【あんしんカード記載例】
●作成日/更新日

●血液型
●写真(同居家族がいる場合)
●医療情報 現在かかっている病院(かかりつけ医ではありません)/病名/服用している薬
●既往症
●緊急連絡先 家族/ケアマネージャーなど
●救急隊・医師に伝えたいこと
保険証やお薬手帳、診察券のコピーなどを一緒にビニールのケースに入れて代用することも可能です
150811_2_3
上へ戻る