【製作事例】キッチン

キッチン収納(耐震ラッチ取付)

kitchen1504252kitchen150425

システムキッチンの面材に合わせた食器棚

DSC_0394

HP2014111803市販の米びつ
キャスターで引き出して使用します

HP2014111804家電収納

DSC_0499キッチンパネル横の収納台。天板は、ステンレス色に合わせたメラミン材

ドアとキッチンと壁面収納をトータルコーディネート

A邸キッチン

A様邸キッチン収納

仕上げ材を統一しました。

丸窓のドア、シンク前のカウンター、そしてバックの吊棚とカウンター。

ご覧の通りすべて同じ仕上げ材で統一されています。

インテリアとマッチしてスマートな感じになります。

A様邸キッチン収納

abe2abe1

新築中にお問い合わせをいただき、昨年末に取付を終えました。

工務店、お客様と打合せをして設計しましたので、天井の下がり壁、窓もジャストサイズです。

決定していたLiXilキッチンの色に合わせて塗装しました。

当初、窓側は冷蔵庫スペースでしたが、使い勝手を考えダイニング側に冷蔵庫スペースを移動して、

窓側は収納庫に変更しました。

アイレベル(目線の高さ)の収納とダストワゴンがお客様のご要望でした。

アイレベルの収納扉は、フラップ式か引違い戸かで迷われていましたが、スペースを取らない引違い戸にしました。

昨年末のお引越しを終えられたそうです。

新居でにぎやかなお正月を迎えていただけたでしょうか・・・・・。

H様邸キッチンカウンター納品させていただきました NO.3

【仕上材・塗装】

様の仕上げ材のご希望は、無垢材にはこだわらないが、ナチュラルな色合いというものでした。

また、「お手持ちのチェストの質感が好きです」という具体的なお話もいただきました。

sample1

木目・塗装色・塗装方法によって雰囲気は大きく変わります。

ご自宅にお伺いして、そのチェストも見せていただきました。

既存の家具に合わせるのも一つですが、壁面いっぱいの家具は面積も広いので、部屋全体のインテリアをトータルに考えた方がいいと思います。サンプルをご送付して何度かやりとりをしましたが、最終的には、塗装担当とH様と直接打ち合わせをしました。突き板ベニヤに自然塗料を数工程重ねて、ご希望の風合いを出す事ができました。sample2

無垢材を使用しなくても、同じような雰囲気を出す事は可能です。無垢材ならではの良さもあります。一方ベニヤには狂いが少ないという長所があります。

はねあげ式扉のハンドルも、H様に探していただきました。ご提案したタイプとは、随分雰囲気も違います。

ハンドル一つ、つまみ一つも自分で選べる・・・オーダー家具の楽しさです。

handolimg56592567

H様邸キッチン納品させていただきました.NO.2

【図面でご提案】

H様からいただいたイメージ図とご希望から、このようなご提案をさせていただきました。

NO.1

ポイントはアイゾーンの収納です。引出式の収納は便利ですが、

調理の際、開けたり閉めたりが頻繁にありませんか?

(単に段取りが悪いだけかもしれませんが・・・)

普段使いの食器はここにまとめます。扉は図面のように

はねあげ式でも、引出式でもOKです。

吊戸棚は収納量は確保できますが、取り出しにくいのが難点です。

アイゾーンを区切る事で、上部の収納スペースを有効に活用できます。

浅い引出は仕切りをつけて、スプーン・やフォークなどカトラリー類も整理できるようにしました。カトラリーは深い引き出しはNGだと思っています。

開けてパッと見える!これが基本・・・料理は手際よく・・・(といきたいところです)

H様にもアイゾーンの収納が気に入っていただけました。

次回は仕上げについてのお打合せをご紹介します。どうぞお楽しみに。

bafter

様邸キッチンカウンター納品させていただきました NO.1

H様からの初めてのお問い合わせは昨年9月でした。それから納品までの5か月・・・メールのやり取りを中心にしたお打合せはとても楽しみなものでした。

【何をいれるか?】

場所はキッチンですが、脱衣所が隣接しているため、《家族4人分の下着》≪食器≫≪食品≫≪電化製品≫を収納したいというご希望です。

なるほど・・・家族の収納ステーション・・・家族みんなで使うキッチン収納・・・どんな間取り?お子さんは男の子?女の子?想像が膨らみます。

H様からは、イメージ図も添付されてきました。(下図)

収納リストも送っていただきました。

洋服・お皿・カレー皿・どんぶり・お茶碗・お湯呑・グラス・カップ・スプーンにフォーク・・・日本の食器は多種多様・・・まだまだあります・・・来客用食器

食器だけではありません。パスタに缶詰・お餅に、レトルト食品・ラップ・アルミホイル・料理の本に取扱説明書・薬箱・・・書類や辞書・・・

そうです。キッチンには日常必要なものが集まっているのです。

これらを使い勝手よく収納する事がポイント!スッキリ収納・・・だけど「どこに何があるか分からなーい」では何にもなりません。

NO.2では具体的なご提案をご紹介します。お楽しみに・・・

kichenbafter

既製品との統一感

price-p6b

対面式キッチンカウンターの下に収納を後付けしました。

奥の吊棚はメーカー品ですが、似た仕上げ材で製作しました。

ピッタリなキッチン

kitchen

既製品と見間違えるような食器棚ですが、これも当社オリジナル食器棚です。

今人気のシースルー引き戸です。開き戸は耐震ラッチが標準装着されています。

配線処理を残して、年末のギリギリで納めることができました。

3枚引戸の食器棚

注建具と家具の仕上げ材を揃えました。上部は、お客様のご要望により、既成家具ではあまり見られない3枚引戸の食器棚です。引戸は開き扉に比べ、食器取り出しの時スペースが少なくてすみます。また、3枚引戸は2枚引戸に比べ食器が取り出しやすくなります。、中段は、スライド式、キッチンパネル仕上げで、炊飯器の蒸気も心配いりません。

建具・造作家具の仕上げ材を揃えるとお部屋の統一感がアップします。

syoki1006

キッチンカウンター下に引違い扉の収納

キッチンカウンターNo3

ダイニング側にたっぷりの収納を確保しました。裏側はシンクです。

上へ戻る