【第2回】災害への備えは「命を守るため」

2016/05/16 月曜日

暮らし楽しむ片づけを伝える新潟県長岡市のライフオーガナイザー大滝愛弓です。

第1回】 防災・備蓄 初心者からのスタート

非常持ち出し袋から出てきた賞味期限切れの非常食、かさ張る室内用スリッパ、軍手10セット・・。

以前の私は、ガラスの破片が危険と聞いてスリッパを入れ、保存食を一度に買って、詰め込んでおしまい。

何のための「非常持ち出し袋」か全然分かっていませんでした。

一時避難・・・安全な場所に避難する・・命を守るために必要なものを準備する

二次避難・・・自宅に戻り、避難生活を続ける・・生き続けるために準備する

スリッパの入ったリュックを背負って避難するなんて、ありえません!

岡部梨恵子さんのアドバイスを参考に、一時避難の非常持ち出し袋に必要なものを揃えました。

岡部さんの「最悪何も持たないで逃げるという選択肢もある」という言葉・・・

つまり「命を守るために必要なもの」だけを入れるということです。

不足しているものを購入して、一人分づつ非常袋に入れました。

・500mlのペットボトル ・懐中電灯 ・ラジオ ・ホイッスル

・防寒シート ・マスク ・カロリーメイトと飴 など・・

ヘルメットとホイッスルはネットで購入しました。

100円ショップも利用しましたが、懐中電灯と電池だけは、電気屋さんで購入しました。

itijihinahijoumotidasi

itijihijou夫の分は、近所に住む母の分も入れているので大きめです。

お子さんや、高齢者の方はもっと絞った方がいいと思いました。

次はこれをどこに収納するかです。

第3回】 非常持ち出し袋の置き場は玄関がおすすめ

【第4回】家具の固定で、安全な避難経路を確保する

~これからの講座はこちら~

【第1回】防災・備蓄 初心者からのスタート

2016/05/16 月曜日

暮らし楽しむ片づけを伝える新潟県長岡市のライフオーガナイザー大滝愛弓です。

中越地震、中越沖地震を経験して、自分なりの防災の備えはしていました(つもりでした)。

でも、子供の成長とともに、何とかなる・・・・と、防災意識も薄れていました。

「自分たちは何とかなる」・・・何も根拠はありません。

昨年、ライフオーガナイザーであり、防災アドバイザーでもある岡部梨恵子さんの熱い語りに触れ、

意識が大きく変わりました。

一番先に思ったのは、静岡県に住む両親の事でした。

静岡県・・・いつ大きな地震がきてもおかしくない地域です。

そして、海沿いの実家は、ハザードマップで津波の浸水地域です。

まずは、我が家から!家族分揃えた非常持ち出し袋4個。

IMG_20160430_100843

● 非常食の賞味期限はすべて切れていました

● 軍手ばかり、ラジオばかり、非常用トイレばかり・・・リュックごとにまとめて収納。

1つだけのリュックを背負って逃げても、役に立ちません。

● 水・懐中電灯は、どのリュックサックにも入っていませんでした

IMG_20160430_100617

IMG_20160430_100553ここからのスタートでした。

【第2回】災害への備えは命を守るため

~これからの講座はこちら~

GOGO!あこがれかあちゃん部 チャリティーイベント

2016/05/13 金曜日

~GOGO!あこがれかあちゃん部 フェイスブックより~

熊本での震災を受け、小さいながらも私たちにできることとして、このたびチャリティーイベントを開催することになりました。
前半に防災備蓄に関する講座、後半にチャリティーバザーを開催します。ご興味のある方は是非ご参加ください。

■日時 2016年6月11日(土)13:30-16:00
■場所 さいわいプラザ(中央公民館)3F和室
長岡市幸町2-1-1
■参加費 1,000円(会員900円)
■申込方法 「参加ボタン」を押してください。
またはEメールでお申し込みください。
akogare.mam@gmail.com
■定員 先着30名
■お子様連れOK(託児はありません)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<第1部> 13:30-14:30
講座名:「片づけから始めよう!防災備蓄」
講師:大滝愛弓さん(マスターライフオーガナイザー)
内容:自分や家族の命を守るためにすぐできる防災から始めましょう。
(1)家の中の危険を取り除きましょう
(2)命を守るためのスペースを作りましょう
(3)普段の暮らしの中で防災備蓄を続けましょう

bousai

<第2部> 14:45-16:00

チャリティーバザー
昨年行ったバザーと同様に、出品物は子育て用品、生活日用品、未使用の贈答品とし、バザーの収益金は全額、熊本地震の支援金として寄付します。
価格は6段階とさせていただきます。(10円・50円・100円・300円・500円・700円)
出品していただける方は以下の注意事項をお読みください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※バザー出品についての注意事項
・出品物は当団体の趣旨から、「子育て用品(衣類、グッズ、おもちゃ等)」「生活日用品」「未使用の贈答品」とさせてください。子育て用品、生活日用品については汚れやシミ、使用感などがあまりないものの方が次に使われる方にとってうれしいですね。
・出品物の搬入は講座参加時にお願いします。
・自宅等で事前に6段階の値段付けをお願いします。
(10円・50円・100円・300円・500円・700円)
・値段付け、洋服などのサイズはわかりやすいところに貼り付けてください。
・講座終了後、お持ちの出品物を6段階の価格に合わせたエリアに速やかに置いてくださいますようご協力お願いします。
・イベント終了後、余ったものはかあちゃん部が引き取ります。

ご不明な点などございましたら、こちらにコメントいただくか上記のEメールにてお問い合わせください。

第1回】 防災・備蓄 初心者からのスタート

【第2回】災害への備えは命を守るため

第3回】 非常持ち出し袋の置き場は玄関がおすすめ

【第4回】家具の固定で、安全な避難経路を確保する

~これからの講座はこちら~

上へ戻る