住宅改修の理由書作成も仕事の一つです

暮らし楽しむ片づけをお届けする新潟県長岡市のライフオーガナイザー大滝愛弓です。

高齢者の方の住宅改修も私の仕事の一つです。

1013

ケアマネージャーや理学療法士の方からご連絡をいただき

お宅にうかがって改修内容をご相談

理由書を作成して、自治体の介護保険課に申請

申請が通れば、施工をして、報告書を作成

長岡市の場合、受領委任契約をしているので、ご本人には1割~2割をお支払いいただくという流れです。

介護保険の住宅改修の種類

(1)手すりの取付け

(2)段差の解消

(3)滑りの防止及び移動の円滑化等のための床又は通路面の材料の変更

(4)引き戸等への扉の取替え

(5)洋式便器等への便器の取替え

(6)その他前各号の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修

小工事ですが、家の中で安心・安全に過ごすためには重要な箇所になります。

手摺の高さ、形状・・細かく相談します。

私に依頼頂く方は、”他の手摺の色と合わせて”とか、床材や加工にもこだわりがある方が多いかもしれません。

介護保険外ですが、今はアプローチの屋外アール型手摺をお客様と検討中です。

工事の前に、家の中の荷物の整理をご相談いただくこともあります。

お気軽にお問い合わせください。

これからの講座はこちら

コメントは受け付けていません。

上へ戻る