ラベリングが必須になってきました(シニアの片づけ)

暮らし楽しむ片づけを届ける新潟県長岡市のライフオーガナイザー大滝愛弓です。

子供部屋が空いて、ついついモノをそこに置いてしまって、散らかってきた」というお話をよく聞きます。

家も二人の子供が一人暮らしを始めて、子供部屋が空いています。

机まわりのモノはそのままにして、次男のクローゼッをを私が使うためにオーガナイズ中です。

中2階にある子供室は、着替えにはとても便利です。

玄関にも近く、寝室にも近く、帰ってきてサッと着替えるにはもってこいです。

子供のモノを移動する前の仮置き状態。

110101

今回ラベリングを徹底することになりました。

110103110102

場所を移動して、収納ケースも変えたため覚えられない。。。

見えないと覚えていられません。

アイテムで分けたのに、分け方を忘れます。

ラベリングしない収納が好みですが、この年齢になると

習慣になるまでは、ラベリング必須です。

仮置きの時は、マスキングテープでも構いません。

そして、ご覧のとおり、仮置きの時は、ざっくり収納でスペースを決めていきます

ほとんど帰省しない子供の服は、移動して、もう少し私のスペースを増やす予定です。

これからの講座はこちら

タグ: , , , ,

コメントは受け付けていません。

上へ戻る