【第1回】防災・備蓄 初心者からのスタート

暮らし楽しむ片づけを伝える新潟県長岡市のライフオーガナイザー大滝愛弓です。

中越地震、中越沖地震を経験して、自分なりの防災の備えはしていました(つもりでした)。

でも、子供の成長とともに、何とかなる・・・・と、防災意識も薄れていました。

「自分たちは何とかなる」・・・何も根拠はありません。

昨年、ライフオーガナイザーであり、防災アドバイザーでもある岡部梨恵子さんの熱い語りに触れ、

意識が大きく変わりました。

一番先に思ったのは、静岡県に住む両親の事でした。

静岡県・・・いつ大きな地震がきてもおかしくない地域です。

そして、海沿いの実家は、ハザードマップで津波の浸水地域です。

まずは、我が家から!家族分揃えた非常持ち出し袋4個。

IMG_20160430_100843

● 非常食の賞味期限はすべて切れていました

● 軍手ばかり、ラジオばかり、非常用トイレばかり・・・リュックごとにまとめて収納。

1つだけのリュックを背負って逃げても、役に立ちません。

● 水・懐中電灯は、どのリュックサックにも入っていませんでした

IMG_20160430_100617

IMG_20160430_100553ここからのスタートでした。

【第2回】災害への備えは命を守るため

~これからの講座はこちら~

コメントは受け付けていません。

上へ戻る