インテリアのポイント?モノの量?

0311izumiあなたの部屋はどのくらい床が見えていますか?
部屋の広さと、置いてあるモノの量とのバランスが悪いと、
いくらきれいに片付いていてもスッキリした印象にはなりません。

センスのいい部屋にするには、空間にゆとりを作ることが大切です。
部屋を広く見せるには、モノの占める割合を床面積の3分の1までに抑えましょう。

「とても無理・・」と思われた方、
たとえば、家族が集うリビングを中心に考えてみましょう。
他の部屋にモノを集めて(納戸として利用)、リビングにゆとりの空間を作ります。
6畳のリビングであれば、家具やモノを置くのは2畳まで。4畳は空間にします。
二部屋に小さい空間が分かれているより、空間をまとめる方が広がりのあるインテリアになります。

ここで、「壁面収納で収納力アップ」と早急に考えないでください。

新築住宅の収納スペースは、10?15%くらいを計画します。
食器棚・クローゼット、食品庫、押入れ・・家中の収納スペースをチェックしてみましょう。
収納スペースの面積はどのくらいでしたか。

あなたの家は、収納スペースが足りないのではなく、モノが多すぎるのかもしれません。
暮らしのセンスアップを目指すのなら、持っているモノをチェックしてみましょう。

その結果、収納量が足りない場合は、家の外に保管する場所を確保する方法も検討しましょう。

持っているモノを全て出して、しまい込んで忘れているモノがないかチェックしてみましょう。

収納計画や片づけ・インテリアのご相談はこちら

←最新記事はサイドメニューからご覧ください。

コメントは受け付けていません。

上へ戻る