スタッフブログ

AYU40113

幼稚園 お便り帳 ラック
取付しました  2014.3.31

クラスごとにカラーを変えたラックに、先生方に園児の名前を貼っていただきました。
新学期を迎える準備が整いました。

以前のお便り帳入れ と お便りラック

0402kesu20402kesu30402kesu1

005-2

























幼稚園 お便り帳 ラック  2014.3.4

WEB 0305

















お便り帳ラックが完成しました。

幼稚園の壁面は、お知らせや子供たちの作品の掲示がたくさんあります。

限られたスペースにおさまるように、お便り帳のサイズに合わせて必要最小限の大きさにしました。

学年に合わせて6色。お便り帳がたくさん入るので今回はシンプルに仕上げました。

幼稚園に設置した様子はまたご報告します。








子供部屋を分ける  2014.2.26

kodomobefore1.jpgkodomoafter1 kodomoafter2.jpg

お子様の成長に伴って子供室を分ける時に、家具で仕切る方法があります。

今回は、本棚とクローゼットを組み合わせてご提案しました。

本棚は、すべてOPEN棚にしていますが、部分的に扉を付けることも検討中です。

将来、一部屋に戻す時には、家具を壁面に移動することもできます。

一部屋のイメージです。
新築時から、子供室を分ける計画だったので、窓もそれぞれ2方向にあり明るい居室です。
造り付けのクローゼットと合わせて十分な収納が確保できます。

エネマネハウス2014  2014.2.18

0218ブログ10218ブログ0218ブログ2

1月末に、最新の技術や新しい住まい方を体感できるエネマネハウスが開催されました。 千葉大学「ルネハウス」 の内装家具工事をお手伝いさせていただきました。 6月末にフランス・ベルサイユで開催される「ソーラー・デカスロン・2014」 にも出展されるそうです。




幼稚園のお便り帳ラック  2014.2.3

oha2以前「おはようボード」を製作した幼稚園から、 お便り帳ラックのお問い合わせをいただきました。 保護者と先生をつなぐお便り帳・・・ 何かかわいい工夫ができないか考えています。 園児の皆さんに「わぁー!!」っと喜んでいただけるものを・・・。






うれしいアンケートをいただきました  2014.1.31

0203ブログ年末に納品したお客様からアンケートを返送いただきました。 引っ越しやお仕事でお忙しい中、本当にありがとうございます。 「打合せの途中で、塗装した全体のイメージがわかず不安だった」そうです。 「でも、メーカーの物にはない自然な仕上がりが大変気に入っている」 という感想をいただきました。 メーカーのキッチンは決定していて、食器棚を同じメーカーにするか、 オーダーにするか迷っている状態でご連絡をいただきました。 塗装サンプルや、施工写真を見ていただき塗装色を決定しますが、 既製品と違い、仕上がったものを見ていただくことはほとんどできません。 少しでも、お客様の不安が少なくなるように、私も努力していかなければいけないとあらためて思いました。 満足していただけてスタッフ一同喜んでいます。ありがとうございました。


キッチン・リビングの壁面収納取付  2014.1.27

1401270114012704 今日は、新潟市でキッチンとリビング壁面に収納家具を取り付けました。 また、和室押入れの扉もオーダーで製作しました。 キッチン収納は、メーカーのキッチンと木目・色を揃えました。 まったく同じ材料というわけにはいきませんが、 かなり近い仕上がりになりました。 仕上がりはご覧いただけませんが、 プッシュラッチの扉・、エアコンルーバー・ ダストボックススペース などお客様のアイディアがふんだんに含まれた収納になりました。 壁面全体に収納家具をデザインすると、お部屋との統一感が生まれます。


塗装後の作業です2014.1.24

1401240214012401塗装の前に一度金物を外します。 塗装後に、再度金物を取り付けてから 納品します。



製作途中のテレビボード 2014.1.23

140123 中央の穴は、既存のコンセントに合わせてあけています。 天板にも、テレビと他機器を接続するための穴や溝加工をして 配線が目立たないようにします。






テレビボード 2014.1.22

Y様邸のテレビボードの打合せを進めています。 ?テレビの背面を照らす照明を付けたい ?ブルーレイのリモコンの操作性が悪く、そのたびに前の扉を開けていて邪魔になるので、前の扉はいらない ?画集など本も収納したい ?写真や置物も飾りたい  というご要望です。 壁面に絵画も飾られているので、ラインランプを埋め込んだローボードだけを製作・設置し、 それから、ディスプレイケースを検討していただくことになりました。 このように、数回にわけて製作することもあります。

図面作成前に工場長と打合せ2014.1.18

140118 お客様のご要望を製作する視点で検討します。 「製作方法を変えて予算内に収めることはできないか」 「別の金物に変えたほうが扉の使い勝手がいい」 など、同じ家具でも、お客様によってご希望は千差万別です。






雪の中積み込み完了2014.1.17

0117初荷の積み込み完了! 寒いですが、雪がやんでくれたので、 積み込みもスムーズに終わりました。 新潟市に向けて納品に出発です。






今年もよろしくお願いいたします2014.1.15

昨年は大変お世話になりありがとうございました。 今年もお客様のご要望に精一杯お応えしていきたいと思っております。 お客様からのヒアリングを一番大切に考えております。 収納の悩み等、お気軽にご相談ください。 本年もよろしくお願いいたします。

納品前の確認作業

1217 カフェのベンチシートです。 工場内で仮組みをして、確認します。

キッチン収納のお問い合わせをたくさんいただきました。ありがとうございました。

fenixtowel120712_163447 サマーキャンペーンにたくさんのお問い合わせをいただきありがとうございました。 キャンペーンプレゼントは気にいっていただけましたか。 キッチン収納をご検討中のお客様が多かったように思います。 製作実例【キッチン】もぜひご覧ください。

家具の修理もおまかせください

isu1isu2isu3 保育園のかわいい椅子を修理しました。 さっそく、子供たちの声が響く園に届けてきました。 幼稚園や保育園に伺うと、トイレやロッカー・・・すべてがミニサイズで和みます。 先日は、買ったばかりのテーブルの加工の問い合わせをいただきました。 買ってはみたものの、部屋に置いたら大きすぎるので、普段は半分のサイズで使用して、お客様が来たときはもとのサイズで使いたいというご要望でした。 DIYがお得意のお客様で、途中までをお手伝いしました。思い通りのテーブルになったでしょうか? どうぞ、家具の修理もお気軽にお問い合わせください

まちなかキャンパスオープン

まちなかに「学び」と「交流」をキーワードにした交流拠点施設”まちなかキャンパス”が9月3日にオープンします。 ミーティングコーナー・サイエンスカフェコーナーにフィリッツハンセン社のスタッキングチェアーを納品いたしました。 matinaka1 <サイエンスカフェコーナー>・・・セブンチェアー seven デンマークの建築家、アルネ・ヤコブセンの代表作のひとつです。 本来、ブラック・ホワイト・ビーチのみでしたが、今日は色や仕上げも様々なバリエーションがあります。 まちなかキャンパスにはプライウッドのカラードアッシュ塗装仕上げのタイプを納品させていただきました。 カラーはアイスブルー・ホワイト・ターコイズ・インディゴ。 ロゴマークをあしらったシートとともに、美しいフォルムで空間を演出しています。 <ミーティングコーナー>・・・アントチェア(ありんこチェア) arinko 同じくアルネ・ヤコブセンがデザインしたアントチェアは3本脚。世界で初めて3次元成形合板で作られました。ミーティングコーナーのチェアは4本脚。単体での美しさ、広い空間に多数並べた時の美しさは格別です。サニーイエローがポイントです。

おはようボード完成

みしま中央保育園様のおはようボードが完成しました。 園児のみなさんの名前と写真を貼ったプレートを、毎朝とお帰りの時に、裏返して出欠を確認するボードです。 先生方も入れると、275名分のプレートを掛けることができます。 毎朝、「今日は◎◎ちゃん、お休み?」「今日は△△君より早く来たよ」などとボードの前でお話がはずむとうれしいです。 oha1oha2

保育園ロッカー

保育園ロッカー 保育園ロッカーです。 高さ95センチ×奥行き42センチ×一人分の幅40センチ ハンガーパイプに引き出しだけのシンプルな形。引き出しも正面の穴で引き出します。持ち運びのための手掛け穴が脇にあいています。

長岡木工家具協同組合のチャレンジ

Wood Chair 今回は、弊社の所属する家具組合での新たな取り組みをご紹介いたします。 この写真は上下可動可能な学童用いす、試作品1号です。弊社で製作しました。 特色は ?材料は新潟県産、越後杉を使います。杉材は柔らかく、本来家具材には向きません。そこをあえて杉材にこだわりました。 ?デザインは長岡造形大学、後藤教授との共同開発で、機能・デザインにこだわります。 ?研究開発費は長岡市の地域産業開発補助制度(フロンティアチャレンジ)を活用します。 このように、産・学・官が共同して、地域の活性化と業界の発展の為の事業を行っています。 製品化されましたら、ぜひお使いいただきたいと思います。楽しみにお待ちください。

上へ戻る